DRAGON QUEST XI 過ぎ去りし時を求めて

「DRAGON QUEST XI 過ぎ去りし時を求めて」は、日本では知らない人などいないのではないかと思えるほど有名なRPG「ドラゴン・クエスト」シリーズの最新作です。

勇者の生まれ変わりであることを知った主人公が、大国デルカダールへ出発するところから物語は本格的にスタートしますが、その後の展開についてはネタバレになるので実際にプレイして味わってほしいと思います。

王道のRPGであり、誰でも努力すれば最後までゲームをクリアすることができるはずです。もちろん、謎解きの部分もいくつかありますが、それほど難しくはありません。そして、普通にプレイするだけでは物足りない、もっと難易度を上げたいという人のために「しばりプレイ」を行うこともできます。しばりプレイは、店での買い物ができなくなったり、防具が装備できなくなったり(これが一番きついかも)、敵から逃げることができなくなったり、主人公に恥ずかしい呪いが掛けられたり。これらを複数組み合わせて自分なりに難易度を調節することができます。全しばりの状態でも、なんとか最後までは到達できると思いますが、かなりきついです。

また、普通にシナリオをクリアする以外にも楽しい仕掛けが満載です。これらを全てをクリアするのがなかなか大変になりますが、それを達成したときは嬉しさもひとしおです。一番楽しかったのが、クエストの概念。色んな場所でちょっとした依頼を受けることがあります。アイテムを取ってきてほしいとか、特定条件で敵を倒してほしいとか、その内容も様々。メインシナリオをそっちのけでクエストを解くのに必死になることもしばしばありました。
戦闘システムは、過去のドラクエ・シリーズを思わせるものが多いですが、個人的に気に入ったのが連携技。二人以上のキャラクターがゾーン状態になったときに繰り出せる必殺技のことで、その効果もいろいろとあります。

これを使いこなすことが、戦闘を有利に進められるカギにもなり、特にしばりプレイをする場合には必須のテクニックと言えるでしょう。

最後に、メインのシナリオの部分について触れておきましょう。当然、ネタバレになるようなところは書きませんが、過去の作品をプレイしてきた方にとっては特に楽しめる内容なのではないかと思います。

私は、ほとんどの作品はプレイしてきたので、最後のシーンはすごく感動することができました。もちろん、過去の作品をプレイしたことがなくても楽しむことはできますが、これを機会に(もし可能であれば)プレイしてほしいと思います(ある意味、おじさん・おばさん向けの作品なのかも知れません。

昨今の、操作が難しい3Dゲームに付いていけない方にとっては特に嬉しいゲームですね)。

 

公式サイト:https://www.dq11.jp/

 

ここで一旦告知です。

管理人はゲームやりすぎ&ニート状態で職歴なし人間です。そんな僕におすすめのサイトはコチラ。

参考記事:「職歴なし」から就職して年収500万円へ!着実にステップアップした重要なポイントを経験談からアドバイス