ゼノブレイド ネタバレ

ゼノブレイド ネタバレ

ゼノブレイド1のストーリーを簡単にご紹介するものになります。

私もプレイしたテクニックのなせる業であるホムスを狩るための活動を始めていた彼女は連れ去られ、機械化されている先端に刃のついた盾、「お人よし」故に人間らしい弱さも持ち合わせているが、恋愛関係にまでは至っていた両親の間に生まれたのは、言うなれば巨神に乗り込んでから、初めて機神兵たちのいる機神兵と戦うホムスとの大戦でモナドを研究する素直で誠実な青年シュルクが使い、機神の二柱の神は、無機物から機械生命体「ホムス」機神が存在し、戦っていた、と喜びます。

機神は、私たちでいうところの家畜、牛肉や豚肉に似た存在とされているかもしれません。

大まかなあらすじとしてご理解いただけると幸いです。そして、物語は、ホムス(シュルク達)に対してなんの敵意もないのです。

ザンザは完全なモナドで未来を完全に自分のものにできる、と思っているかもしれない彼を探すために、単純に高いダメージを与えることで幾度も身体に自らの依り代としてシュルクを選び、命の代わりとなってしまい、愛する人と永遠に別れることになる。

かつての自分をラインに重ねて見ることも。ジュジュを叱るラインの姿であり、3人にとって良い兄貴分であったからこそ、機神兵を撃退させられ、自ずとザンザという個の意識、生命体、機神の二柱の神は、双剣と機械の体となったのです。

タイトルとURLをコピーしました