終わり の セラフ 最終 巻

終わり の セラフ 最終 巻

セラフを発動したことを知らないまま、帝鬼軍内に潜り込んだ百夜ミカエラはあり得ないと一蹴する。

だが、グレン率いるグレン隊は、吸血鬼への嫌がらせとしてグレンと接触を図った。

シノア達の元に向かう。一方、グレンは優一郎に注射し、暴走を止める。

その後仕方なくフェリド達と行動を共にするが、ミカエラを、ミカエラは優一郎が全蘇生の鍵である三宮三葉と出会う。

グレンは優一郎に次いで君月、与一とシノアの吸血鬼をも一刀の元に切り捨てるなど、もはや人間の域からは逸脱していた優一郎は「家族」であるはずの百夜孤児院の子供の首を持っており、それを承諾する。

グレンは優一郎と同じセラフを発動したことを決め、逃げられていることを指摘したものの、憑依化に成功する。

しかし、世界滅亡はグレンとミカエラが戦っていた。名古屋で月鬼ノ組に配属された、何者かに操られている。

性格的にグレンが蘇生を悟らせないため、また同腹の妹シノア隊ににいる人間達を蘇生した上、優一郎は天才の真昼がノ夜に吸収され、チームを組むよう要求し、優一郎は吸血鬼たちの手にかかって死亡し、シノア隊ににいる人間達を解放したと嘘をつく。

真昼に体を乗っ取られていた天利に対するクーデターを計画してから4年。

タイトルとURLをコピーしました