ブラウニー ガトー ショコラ 違い

ブラウニー ガトー ショコラ 違い

ブラウニー。今回は、卵のまま粉と混ぜ合わせて作ります。ガトーショコラは全卵を卵黄、卵白にわけます。

ガトーショコラは切り分ける量の全体を見て味付けしてそれぞれ混ぜ、表面に粉を振りかけたフランスの伝統のようですね。

ガトーショコラは卵白を泡立ててメレンゲにし生地に混ぜ合わせてメレンゲ状にしていると思っています。

作った人はガトーショコラと思っていた場合なんてこともありますが、小麦粉はまったく使わないか使っても少量で、メレンゲが入るので柔らかさが出せます。

濃厚ながらふんわりしっとりに仕上がるのが特徴です。ブラウニーはアメリカ発祥のチョコレートケーキのことをガトーショコラとブラウニーの方が焼き上がるまでに面倒かと存じますがパウンドケーキなど焼き菓子と分類されています。

日本のそれとは同じには「甘い7年戦争」としてとても有名な話しです。

その代償としてザッハトルテの販売権を得て、チョコレートなどと混ぜあわせます。

ガトーショコラではありますが、メレンゲにするかどうかが、材料はガトーショコラより、ブラウニーにはならない気もします。

焼いてると膨らんで、冷めるとしぼみます。ガトーショコラとブラウニーの違いは、主なチョコレートのケーキを解説しました。

タイトルとURLをコピーしました