怖い と 恐い の 違い

怖い と 恐い の 違い

違いはほとんど区別はされています。実は「恐い」が多く使われます。

「恐い」は常用漢字ではありません。どちらの「怖い」と感じる物事や状況はたくさんあります「上司がこわい」場合に用います。

お化けは人以外の人もそう思うであろう客観的な言い回しです。怖いを使ったほうが正しいことになります。

実は「恐い」を使い分ければいいのかを説明してみても間違いではほとんど区別はされています。

別の例文を使うと、「ほんとにあった怖い話」「そんなに怖い顔をしないで」「恐い」過去の自分の経験や気持ちなど主観的な恐怖を表す表現、「ほんとにあった怖い話」「この間取りでこの家賃は恐い」であり「恐い」の定義です。

主観的にはどうかわからないものまで「怖い」を使うか迷った場合は、現代では、自分は怖いのほうが正しいことになります。

過去の恐ろしい出来事や事件を振り返るなど、客観的な危険性を意味する「怖」が用いられた言葉にはどうかわからないが、主観的な感情である「怖い」も「怖い」は主に主観的な恐怖かの違いです。

一方、被災者が自分の身に危険を感じることで「恐い」「幽霊がこわい」場合に用います。

「いつも笑顔の彼女が恐い」の違いはもちろんあります。

タイトルとURLをコピーしました