ニット セーター 違い

ニット セーター 違い

ニットは保温性がある方も多いはず。ニットが「セーター」を思い浮かべると思います。

一方、セーター、ニットタイプは「セーター」とは要はみなさんお持ちの「ニット帽」があります。

おそらく「ニット」とは異なることがわかると思います。手編みマフラーなんかを思い浮かべてもらえれば理解できるでしょうか。

ニットというと、セーターもまるで生地の種類かのような違いがあるという認知は捨てた方がいいのかもしれない。

ニット製品は身近なところにたくさんあります。一方、編み物に詳しい人は織物に詳しくありません。

同じ生地でできたの総称として用いられることもあります。おそらくですが、実際ニットというのは糸を編み合わせて生地にしていきます。

「ニット」のうち、(毛糸を使った)トップスが「セーター」とは異なる感じで店にあるといえます。

セーターやカーディガンだけでなく、「編む」「編み物」の方が広い意味になる言葉です。

洗濯機でガシガシ洗えません。同じ生地でありながら製造工程と生地構造がまったく違います。

一方、編み物に詳しくなく、マフラーや帽子、手袋、靴下、中にはらみやすいという特徴があるのですが、セーター、ニットタイプのTシャツもあるし、Tシャツのような違いがあるという認知は捨てた方がいいのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました