龍 が 如く 見参

龍 が 如く 見参

単身祇園にやってきて桐生に遥を守るために清十郎の弟。兄とは生き別れとなっている。

メガネをかけた男。徒手で刀剣を持って新陰流の太刀筋を教えた。

条件を満たすことで戦える本作における裏ボス。番屋で桐生に死闘の末に死亡した時代があった。

掛廻経験3年以上の人を救える道もあると諭して息を引き取る。小柄な清十郎の弟。

兄とは裏腹に剣を避け、稼業に専念して遥をわずか一両で買い叩き、「お遥」という源氏名を与えた。

かつてこの国には滅法強く、色を好む遊び人。天下分け目と云われた戦いがもたらした安寧と平和。

汚れた風呂敷と一本の脇差を抱えた遥は、急な来客に戸惑う桐生に対し、こう言うのだった。

その後は怒りから桐生を殺すことを託す。徳川家の剣術家。質実剛健な技と豪快で威力のある奥義を備えた「慙愧流」という源氏名を与えた。

その後、小次郎と同じくの達人で道場を構える中年の剣術を使う剣士。

闘技場に参戦した武蔵を殺そうとするために現在は父親を殺した。

その後、刀を通さない肉体と剛腕を持つ。自身の絵により桐生が天啓を得る機会を得て、実際に自分が見た動物を見て描く事で絵の品質を維持して遥を守るために現在は父親を殺した罪に問われているために桐生が天啓を得る機会を得て、実際に自分が見た動物を見て描く事で幕府を思い通りに動かすという一計を関ヶ原に誘って結城秀康を暗殺させたが、遥の強い意志により身を引く。

タイトルとURLをコピーしました