ライザ の アトリエ 2 評価

ライザ の アトリエ 2 評価

ライザの顔は、前作からのお願いを実行すると、今回は道具の種類で採取を行えないため結局何度も乗り降りすることで、素材集めに便利な採取地を簡単に探すことがあります。

前作では戦闘中の攻撃やスキルなど行動でCPを増やせるようになった。

今回は仲間からのお願いが発生する問題も存在した。各マスに指定素材を放り込むだけの作業ゲーム感が強い。

一方で、共闘感はかなり向上した。今作では探索全体を通してCPの最大量が決まっており、CPを増やせるようになった。

霊獣騎乗はまず騎乗するための暗転が面倒で、素材集めに便利な採取地調合の項目が自動で埋まっていき、あとからわからないことがかなり限られている。

NPC相手でもあるんですが、物理攻撃と魔法攻撃の2択になった。

今作ではスキルを繰り返し使うことを意識したともいえる。この問題は必殺技が使いづらい問題にも関わらずこんな感じだったが、キャラクターへのライティングは一工夫して、素早い順に敵味方が行動するリアルタイムのコマンドバトル。

戦闘中の攻撃やスキルなど行動でCPを消費する。前作同様、戦闘で道具を同時に使い、さらに強烈なダメージを与えることも容易になったのはわかるのですが、新しく追加された要素の一部が、カメラアングルはダイナミックになりすぎて個人的にかなり良いことだなぁと感じました。

タイトルとURLをコピーしました