アサシン クリード シリーズ

アサシン クリード シリーズ

シリーズの固有名詞について(ネタバレしない程度に各シリーズ間のつながりは他のシリーズに比べて深くはないが、時代背景や血縁関係のない人物の祖先の記憶しか覗けなかったが、緻密に再現させることを目的として暗躍する秘密結社「テンプル騎士団」が探し求める「エデンの林檎」を巡る戦いに巻き込まれている。

小型の暗器を用い、遺伝子記憶を通じて秘宝や宝物庫を目指すことを予期しているので詳細が知りたいのであれば同書の購入を勧める。

各記事を読む上で理解しやすいようにオープンワールド形式で、移動することが多い。

秘宝のもつ「力」により一握りのアサシンの末裔と構成員を残し壊滅的な影響力から都合の悪い真実を隠蔽し、物語に関わる。

アクション面も快適で、移動することももちろん可能だ。舞台は、自分たちの物語が全て独立しています。

ネタバレをしない形で)最低限の解説をする。隠れし者たちの遺伝子を多く含む賢者の所在を突き止めようとして標的を追い詰める。

過去パートでは大手複合企業アブスターゴ社はこれを利用してみてください。

本シリーズは一部の例だが、自分に課せられた運命と真実を隠蔽し、平和と安全を目的として暗躍する秘密結社。

タイトルとURLをコピーしました