コンビニ 眼帯

コンビニ 眼帯

眼帯の本来の目的は、「感染予防」でした。そのため感染症も多く、その予防として使われています。

そして昭和50年代以降には、白内障の手術など行うようになったことで、術後の目に光などの刺激を入れないようになったことで、術後の目に光などの刺激を入れないようになったことで、術後の目に光などの刺激を入れないようになったことで、術後の目に光などの刺激を入れないように、眼球を保護をするのが目的だったそうですよ。

あるとすれば絆創膏などが置いてある棚ですね。

タイトルとURLをコピーしました