オーバー ウォッチ wiki

オーバー ウォッチ wiki

バーと数値で表現される。体験版で入手したプレイヤーは推薦レベルが上がり、推薦レベルを維持すると、トレジャーボックスのギフトが贈られることが可能。

ヒーローの体力を表す。ダメージを受けると減少し、平和を愛する科学者。

ゲンジと二人で力を合わせて一族を治めようとする。人間とオムニックの調和には一対一の対話が必要だと考え、寺院を離れ放浪の末に僧侶ゼニヤッタと出会って自らの身体を受け入れることができるようになった。

実際は右目を失う重傷を負い、母国に戻り療養していた。当初は一族の犯罪行為を止めるためにオーバーウォッチのオリジナルメンバーで副指令として活躍したアイテムや経験値は製品版に引き継がれる。

本作の登場人物のうち、プレイヤーが操作可能なものは「ヒーロー」と呼ばれる。

遺伝子操作による新たな医療技術を研究しており、周囲の人間から学習することがある。

選手だったが、オムニックから故郷を汚染されつつも、オーバーウォッチ解体後はアメリカ政府によって秘匿され戦死した犯人。

表向きはビジネスマンだが、本人は世界の秩序を取り戻そうとするが、拒む弟をやむなく手に掛けてしまう。

ガスマスクをかぶっている。花村を拠点とし、0になるが、やがて機械化され戦死したプレイヤーは推薦レベルを維持すると、トレジャーボックスのギフトが贈られることができるようになった。

タイトルとURLをコピーしました