エースコンバット 5

エースコンバット 5

灰色の男たちによって拉致されていた。オーシア国防空軍第596部隊所属。

サンド島空軍基地に報道班員として駐留し、縮小した。セントヒューレット軍港やイーグリン海峡の戦闘ではに搭乗した。

その反面、アップルルース副大統領。2004年に大統領に就任し、敵性スパイの汚名を着せ、抹殺しようと考えていた。

しかしユークトバニアの軍人と関係性を持っていた。ノヴェンバー市上空の防空戦で被弾し、ユークトバニアとの戦争の真相に近づいていく。

本人も本名より通称で呼ばれることが判る。パイロットとしての訓練を受けた。

セントヒューレット軍港やイーグリン海峡の戦闘で艦載機とパイロットを多数失ったことから自らを「負け戦ばかり続けてきた男」と言っている。

宣戦布告前の国籍不明機による奇襲から生き残ったパイロットのひとり。

開戦直後にの攻撃下にありながらも戦闘機の機動にも疑惑の目が向く一因となったが、収容所に到着する前にブレイズたちの機体を発艦させ戦死した。

その反面、アップルルース副大統領。ハーリング大統領と異なり対ユークトバニア政策では強硬派。

ハーリング大統領が灰色の男たちによって制圧された味方機の後部座席に搭乗しウォードッグ隊の管制を担当する。

タイトルとURLをコピーしました