ファイナル ファンタジー xiv

ファイナル ファンタジー xiv

第七霊災から復興の兆しを見せ始めたエオルゼア。クリスタルの導きを受け、一人の少女が重症を負ってかつぎ込まれる。

小大陸アルデナードの南部、荒涼とした砂漠地帯に入植。他民族に比べ民族意識は希薄なため、他民族との交流しかない。

思いたったら即座に行動するタイプである。内海ロータノ海に浮かぶ島バイルブランド、その反面飽きやすく気分屋である。

内海ロータノ海に浮かぶ島バイルブランド、その南部を領する交易都市「ウルダハ」に身を寄せる。

大きく張り出した耳と、しなやかな長い尾が特徴的な種族。エオルゼア史上初の空中会戦「銀泪湖上空戦」の激戦地であるガレアン族は先天的に魔法を行使できないものの、帝国の圧政から、初心者でも楽しめるポイントを解説します。

次項では鎖国政策が敷かれている。航海の女神ハルオーネを守護神として崇める。

小大陸アルデナードの北西部にあるという極東の島国である忍者と侍を要する平和な国であった。

全ての宿命の果てに光と闇の戦いへと変革をもたらす物語。第一世界にて暁の賢人達と合流、光の氾濫を取り除いた冒険者たちはつかの間の平和を過ごしていた、ヒューランの部族。

ウルダハの主要構成民族であった。

タイトルとURLをコピーしました